資格を取って始める新しい仕事!

資格を取って始める新しい仕事!

生涯学習で自宅の栄養指導を栄養士から学ぶ

病気になった時に、入院ということがあります。この時の食事に関しては、病院が出してくれるものを食べることになります。病院の食事といいますと学校の給食のようなイメージがあります。全ての人が同じようなものを食べているというものです。でも実際には異なる部分もあります。基本的な食事があるのですが、ある人においてはそれよりももう少し工夫をする必要がある場合があります。食事制限などの場合、その人に合わせることもあるということです。
ですから入院している場合は、食事に関しては特に気をつけることはないということです。病気になった時に入院をせずに、自宅で治療を行う場合はどうするかです。この時には自宅で食事を摂ることになります。自宅で食事を摂るにあたっては、作るものに対して一定の指導が行われることがあります。カロリーの制限であったり、塩分の制限などがあります。あまり制限を意識するために美味しいという部分が抜けてしまうことがあるということです。
食事は楽しめないとストレスになってあまりよくないこともあります。そこで生涯学習を受講することにしました。栄養士さんが講師をされるもので、在宅で治療をするにあたっての栄養指導についての話を聴くことができました。塩分を控えると味が薄くなって美味しさがなくなることがあります。そういった時にはしっかりだしを摂ることが良いということです。塩分を控えても味を濃くすることが可能になるということです。