資格を取って始める新しい仕事!

資格を取って始める新しい仕事!

高齢者施設での生涯学習と栄養士の活躍について

地域の中で生涯学習への取り組みは広まりつつあります。まだ、あまり知られていないと思いますが、一部の高齢者施設でも生涯学習は行われています。私は大学の実習で2週間程度、高齢者施設に行きました。そこでは週に一度、栄養士の方が来て施設の利用者と共に健康について話していました。例えば、今日の昼ごはんの献立について、どのような成分が健康を保ってくれるのかを分かりやすく説明していました。私は利用者の補助をしていたので動きながら話を聞いているだけでしたが、内容も濃いもので聞いているだけで勉強になりました。生涯学習と聞くと自らが講座が開かれる場所に出向いて参加するイメージが強い人も多いと思いますが、講師が受講者のいる場所に出向くということもあるということを一つ知っておいてほしいと思います。
また、高齢者施設で行われていた生涯学習は利用者の物忘れ防止にも力を入れていました。週に一度、栄養士が来た時に施設の職員と協力して野菜の名前を当てるクイズをしたりしていました。誰でも歳を重ねるごとに物の名前がすぐに出てくることが難しくなるので頭の体操にもなっていいなと思いました。施設の利用者の方も週に一度の生涯学習の時間を楽しみにしているようでした。受講者のペースに合わせていろいろな取り組みをしていくという姿勢はとても大切だと私は思います。また、私たちにとって身近な内容をテーマに話をすることですんなりと講座の内容に入っていけるということは参加する側にとっては大きなポイントになると私は考えています。