資格を取って始める新しい仕事!

資格を取って始める新しい仕事!

糖尿病に対する食事について生涯学習で栄養士の話

糖尿病といいますと尿に糖分が出てくるという病気です。それだけを聞くと大変ではないようですが、本来出るものではないものが出ているということが問題ということです。糖分といいますと砂糖を思い出しますが、食事な中では多くから摂取することになります。その代表がご飯をはじめとする炭水化物になるでしょう。炭水化物を食べればそちらから糖分を取り出し、それをエネルギーとして使うということです。それが尿に出るとどうなるかです。
体に使えるエネルギーにするのがインスリンという物質です。糖尿病になるとこのインスリンの分泌が低下するということです。原因としてはカロリーの摂り過ぎということがあります。太っている人に多いといわれるのはそのためです。遺伝によるものもあるので、太っていないから安心ということはありません。また先天的に糖尿病を患っているということもあります。この場合は子供の頃からインスリンの注射をうつなど対応が必要になります。
その一方で食事を改善することで症状がよくなる場合があるということです。生涯学習において、糖尿病のための食事について栄養士から聞くことができました。カロリーを制限をするということに注目しがちですが、それよりもコントロロールするということを意識したほうがよさそうです。制限しようとすると食事の内容も限られてくるように感じてしまいます。また症状が良くなったからといって安心できるわけではありません。一生続ける必要があります。